バイセル店舗

\高く売るならまず査定/

トップページ

不要になったけど片づけるきっかけがなかった…
もらいものだから捨てられなかった…
遺品整理でブランド品が出てきた…


そんな悩みをお持ちの方へ。

こちらでは、もう不要になってしまったブランド品を整理したい方のために、査定料0円・送料無料で高価買取してくれるバイセルをご紹介しています。

【高価買取強化中!】ブランド品を売るなら出張買取がおすすめ!

ブランド品と一言でいっても、洋服、バッグ、アクセサリー・小物類、腕時計、などいろいろな種類があります。

ひと昔前までは品物を店舗まで持っていく持込買取(店頭買取)が主流でしたが、今ではまとめて売れる出張買取や宅配買取のほうがメリットが大きいと評判です。

というのも、全国チェーンの買取専門業者であれば、変な値段で買いたたかれるようなリスクが少なそうという安心感がありますよね。

あとは、出張買取の場合は品物を運ぶリスクがありません。(収納場所から出すときぐらいでしょうか)

バイセルのような大手であれば予定していたブランド品以外にも貴金属なども一緒に査定してもらう事も可能になるため、メリットが大きいです。

もし万が一急に不安になったり満足できなくなってもクーリングオフ制度の対象になっていますから、その点も安心です。

※当日持ち込み査定対応は東京本社・名古屋栄セントラルパーク店のみとなります(2020年6月現在)

評判で選ぶならバイセル
\ブランド品が高い!全国対応/

査定料0円・キャンセル料無料
PC・スマホから査定申込OK
買取方法出張買取
宅配買取
お持込み買取
対応エリア全国
送料
キャンセル料
すべて無料
(※返送時の送料はお客様負担)
  • 宅配買取の送料無料
  • キャンセル料無料
  • 最短30分で出張査定
  • 顧客満足度NO.1で人気
  • 査定だけでもOK

【ブランド品買取実績はこちら】
ルイ・ヴィトン、エルメス、シャネル、コーチ、プラダ、グッチ、カルティエ、ブルガリ、その他有名ブランド、流行から外れたもの、など

【用意しておくもの】
運転免許証やパスポートなどの本人確認書類

まとめ

こちらでは、使い道のないブランド品を処分したい方のために、おすすめのバイセル買取をご紹介しました。

眠っているブランド品などがそのままになっていませんか?

この際バイセルを利用してスッキリ整理してみましょう。

こちらでご紹介しているバイセルは、無料で査定を行なってくれるので安心です。出張買取を希望する際には、女性査定員を指名することも可能なので、女性の方も安心してご利用を検討してみてくださいね。

バイセルの口コミまとめ

ブランド品買取によくあるQ&A

今一番注目されているブランド品買取サービスを検討中の方のために、よくある質問と答えをQ&A形式でご紹介しています。

良ければ査定に申し込む前にチェックしておくことをおすすめします。

Q. 祖母の遺品整理をしていたら古いブランド品が出てきました。ブランド品の買い取りって制限はありますか?

A. 基本的に制限はありません。

ブランド品を複数持っている方は、なるべくまとめて査定してもらった方がおすすめです。

ちなみにほとんどの業者が、買取予定の品以外の査定も追加で行なってくれます。

査定が無料な業者を選んだなら、価値が分からないものや不要なものなどまとめて査定してもらうことをおすすめします。

Q. 大切なブランド品を売ろうと思うんですが、少しでも高く買取してもらう方法ってありますか?

A. 高価買取、高額査定をしてもらうコツはあります。

  • 持込買取より出張買取か宅配買取で売る
  • まとめて売る
  • 付属品や証明書があれば一緒に売る

相場より高値で売るコツは上記のとおりです。

そのほか、高値で買い取ってくれるブランド品は人気の色や状態などが関係してくるようです。

あとは、人気の高いものは市場価値が上がるのでその分高く買い取ってくれるようですね。

ブランド品買取のコラム

買取店でブランド品を買い取ってもらう際の、その商品の買取価格なのですが、どこのブランドか、何の商品かなど、価格を左右する要因は様々ですが、何よりまず、それが新しいものなのか、それとも使用感溢れる古いものかというところで、大きく違ってきます。

使った形跡が見あたらないような新品の方が、高い値段がつくというのは当たり前のことです。

少しくらい使用された跡が買い取りはしてもらえることが多い訳ではありますけれど、自分で出来る限り、きれいにしておきましょう。

バッグや靴などでしたら、分かりやすい汚れは軽く拭いて落としてやり、内側のほこりは払っておきます。

そうして、多少なりとも高めの査定額がつくよう一手間をかけておくと後悔しません。

頂き物のロレックスがあります。

ロレックスは初めてだったので珍しさもあって数回使ってみたのですが、しっくりこなくて放置することが増え、ほどなく、完全に使用しなくなりました。

きれいなまま箱に入れておいていたのですが、高い物だというのは分かっていますし、さすがに勿体ないので、その価値をわかってくれそうな、ブランド品買取店に持って行き、売却しようと考えました。

鑑定士が時計の状態を判定し、市場でどれ程の需要があるかなどいくつかの要因を考えあわせることで買取価格という結果が出ることになるそうです。

箱や保証書といった、初めからの付属品もすべて一緒にし、それと、当方の希望価格として、事前にネットで仕入れておいた金額を申し入れておき、査定してもらうことにしたのでした。

手持ちのブランド品をしかるべきところに売却してお金に換えたい、といった時にPCやスマホでアクセスできる一括査定サイトが役に立つでしょう。

何という商品でどこのメーカーなのか等、売りたいブランド品の情報を書き込んで査定の申し込みをするとサイトによって業者の数は異なりますが、何社かが査定を行い、結果を出してくる段取りになっていて、大変簡単に良い値段で買い取りを行う業者はどこなのか知ることができるので、大変効率的です。

当たり前のことですが、業者から示された査定額に不服があるなら売らないでおくのも自由です。

学生など、若年層のユーザーも大変多いブランド品ですが、ブランド品買取店で、商品を売却をする行為については客の年齢によって制限されています。

買い取りを制限される年齢は、店により異なります。

例えば、原則として20歳未満の人との取引はしない、としたり、サインの入った保護者による同意書の類を用意できれば18歳以上の未成年でも、買取をしてもらえるところもあるようです。

ブランド品を未成年の人が買い取ってもらうつもりなら、利用前にHPで年齢制限の項目などについて調べておいたほうが良いでしょう。

さもないと無駄足を踏むことになるかもしれません。

インターネットを介したオークションなどを利用して、自己責任で仕入れたブランドものを換金するために買取店で査定をしてもらったら、なんと真っ赤な偽物だった、ということはたまにあるようです。

こうした場合には、大体はすぐに偽物だと明らかにされその商品は扱ってもらえないことになるのですが、間違ってそのまま取引がされてしまうことがあるのです。

査定員が偽物を見分けられず、買い取りを拒まなかったのが原因とはいえ、持ち込んだ側の責任もあり、ちょっとした問題になることもあるでしょう。

ですから、入手後、買取店で売却することが念頭にあるのなら、ブランド品は正規店で購入するべきですし、面白がって真贋のはっきりしないものを購入しないなどは最低限、注意しておくべきです。

ハイブランドと知名度と比べれば少々マイナーの部類とはいえ、若い世代を中心に人気を集めるヴィヴィアン・ウエストウッドは1970年代のロンドンで生まれたファッションブランドです。

ともすると前衛的という言葉で集約されてしまうヴィヴィアンですが、上品さと可愛さを両立させたデザインで、製品にあしらわれるロゴマークも人気があり、これは王冠と地球をモチーフにした宝玉とされています。

服飾中心のブランド、という印象があるかもしれませんが、それだけではなく、バッグ、靴、時計やアクセサリー、といったものなど商品展開は多岐にわたります。

このブランドは、日本国内でも人気は高いのですが、その商品の買取店における扱いを見てみると高額買取になるかどうかは、物によります。

ブランドを選ぶならシャネル一択、という人もいるほど人気の高い、そんなシャネルですが、創業したのはガブリエル・ボヌール・シャネル、良く知られている「ココ」は愛称です。

彼女によって興され、彼女の名前を冠した、いまや絶大な人気を誇るファッションブランドです。

シャネル・モードという、帽子のお店でしたがそのうち服、香水、化粧品と、展開していき、更に大人気のバッグ、靴や財布、時計と、豊富な種類の商品を販売するようになりました。

多くのファンに支えられ、根強い人気がありますから、商品次第とはいえ結構な高額買取があるかもしれません。

知らない人はいない高級ブランドであるブルガリは、ジュエリー、時計、香水、化粧品などと、ブルガリらしい、高品質のものばかりを作り続けているのです。

1884年、ローマにてソティリオ・ブルガリが創業したブルガリは、当所は銀細工の店としてスタートしました。

時間が経つにしたがって、順調に発展をとげ、とうとう、各国各地に直営店を持つ、世界有数の宝飾品ブランドとなったのです。

特に世間で人気のあるブルガリの時計は、買取店に持ち込めば、人気の高さからいっても、また、外観の傷などについては修復が可能なことを考えると、高い値段で買い取ってくれる店は多いでしょう。

よく売れる有名ブランド物や人気商品のみ店頭に置くことを目指している買取業者の場合、少し古めの商品や、今では作っていない型落ち製品などは取り扱ってもらえないことがあります。

こうして買い取り拒否された商品はどうすれば良いかと言うと、ギャランティカードや外箱といった付属品を紛失していても問題なく買い取りしてくれるような業者の利用をおすすめします。

そういうお店は総じて、買取額が低く設定されているものですから、手持ちの商品を全部買い取りに出すようなことはしないで、高額買取の見込みがありそうな物が混ざっているなら、それは是非、そことは異なる買取店にて売却するよう、強くおすすめ致します。

持っているだけで使っていない、使う予定もないという靴やバッグやお財布、あるい時計などのブランド品の数々をちゃんと価値をわかっているお店で売りたいという風に考えている人は増えているようで、買取店も盛況のようです。

しかし、少し気を付けたいポイントがあります。

お店の利用は一店舗だけでなく、できれば複数の買取店で査定を受けてみて、どんな値段になるか教えてもらいましょう。

そうすると、最も高い値段で買い取りをしてくれそうなところが、比較して明らかになるでしょうし、後はそのお店を利用して、お得に買い取ってもらうだけです。

ブランド品買取サービスに関するお役立ち情報

\おすすめのブランド品買取業者なら/

ブランド品の高価買取なら