バイセル店舗

\高く売るならまず査定/

トップページ

不要になったけど片づけるきっかけがなかった…
もらいものだから捨てられなかった…
遺品整理でブランド品が出てきた…


そんな悩みをお持ちの方へ。

こちらでは、もう不要になってしまったブランド品を整理したい方のために、査定料0円・送料無料で高価買取してくれるバイセルをご紹介しています。

【高価買取強化中!】ブランド品を売るなら出張買取がおすすめ!

ブランド品と一言でいっても、洋服、バッグ、アクセサリー・小物類、腕時計、などいろいろな種類があります。

ひと昔前までは品物を店舗まで持っていく持込買取(店頭買取)が主流でしたが、今ではまとめて売れる出張買取や宅配買取のほうがメリットが大きいと評判です。

というのも、全国チェーンの買取専門業者であれば、変な値段で買いたたかれるようなリスクが少なそうという安心感がありますよね。

あとは、出張買取の場合は品物を運ぶリスクがありません。(収納場所から出すときぐらいでしょうか)

バイセルのような大手であれば予定していたブランド品以外にも貴金属なども一緒に査定してもらう事も可能になるため、メリットが大きいです。

もし万が一急に不安になったり満足できなくなってもクーリングオフ制度の対象になっていますから、その点も安心です。

※当日持ち込み査定対応は東京本社・名古屋栄セントラルパーク店のみとなります(2020年6月現在)

評判で選ぶならバイセル
\ブランド品が高い!全国対応/

査定料0円・キャンセル料無料
PC・スマホから査定申込OK
買取方法出張買取
宅配買取
お持込み買取
対応エリア全国
送料
キャンセル料
すべて無料
(※返送時の送料はお客様負担)
  • 宅配買取の送料無料
  • キャンセル料無料
  • 最短30分で出張査定
  • 顧客満足度NO.1で人気
  • 査定だけでもOK

【ブランド品買取実績はこちら】
ルイ・ヴィトン、エルメス、シャネル、コーチ、プラダ、グッチ、カルティエ、ブルガリ、その他有名ブランド、流行から外れたもの、など

【用意しておくもの】
運転免許証やパスポートなどの本人確認書類

まとめ

こちらでは、使い道のないブランド品を処分したい方のために、おすすめのバイセル買取をご紹介しました。

眠っているブランド品などがそのままになっていませんか?

この際バイセルを利用してスッキリ整理してみましょう。

こちらでご紹介しているバイセルは、無料で査定を行なってくれるので安心です。出張買取を希望する際には、女性査定員を指名することも可能なので、女性の方も安心してご利用を検討してみてくださいね。

バイセルの口コミまとめ

ブランド品買取によくあるQ&A

今一番注目されているブランド品買取サービスを検討中の方のために、よくある質問と答えをQ&A形式でご紹介しています。

良ければ査定に申し込む前にチェックしておくことをおすすめします。

Q. 祖母の遺品整理をしていたら古いブランド品が出てきました。ブランド品の買い取りって制限はありますか?

A. 基本的に制限はありません。

ブランド品を複数持っている方は、なるべくまとめて査定してもらった方がおすすめです。

ちなみにほとんどの業者が、買取予定の品以外の査定も追加で行なってくれます。

査定が無料な業者を選んだなら、価値が分からないものや不要なものなどまとめて査定してもらうことをおすすめします。

Q. 大切なブランド品を売ろうと思うんですが、少しでも高く買取してもらう方法ってありますか?

A. 高価買取、高額査定をしてもらうコツはあります。

  • 持込買取より出張買取か宅配買取で売る
  • まとめて売る
  • 付属品や証明書があれば一緒に売る

相場より高値で売るコツは上記のとおりです。

そのほか、高値で買い取ってくれるブランド品は人気の色や状態などが関係してくるようです。

あとは、人気の高いものは市場価値が上がるのでその分高く買い取ってくれるようですね。

ブランド品買取のコラム

欲しかったブランド品を購入できると嬉しいですよね。

ところで買った時の箱や保管袋などは、どうされていますか。

ブランド買取店を利用することにした時にその商品の元々の、外箱や袋があるかどうかは、その買取店の方針だったりどこのブランドか、どういった商品かによるものの、大きく買取価格に影響します。

箱があるだけで高額買取になったのに、というケースも多いのです。

そういう訳ですから、可能であれば捨てないで良い状態のまま保管しておき、後々役に立てましょう。

とっておく必要がない、と判断したなら、そういったものを必要としている人もいますから、ネットオークションで販売してみると買い手はつくでしょう。

いずれにせよ、ただ捨ててしまうのは少々もったいないかもしれません。

フリマやネットオークションなど、あまり信用のおけない入手先から購入したブランドの品物を買取店で売却してお金にしようと思ったら、大変よくできてはいるけど、明らかに偽物である、などという場合、大体はすぐに偽物だと明らかにされ扱ってもらえなくなるはずのところ、間違ってそのまま取引がされてしまうことがあるのです。

お店側のミスでもありますが、偽の商品を持ち込みに悪意があったとみなされてしまうと、問題にもなるでしょうから、入手後、買取店で売却することが念頭にあるのなら、ブランド品は正規店で購入するべきですし、面白がって真贋のはっきりしないものを購入しないことなどを気を付けた方が良いです。

創業当初、エルメスはパリにある馬具工房でした。

その顧客には皇帝や貴族が多く、事業としてうまく軌道に乗っていました。

丁度、革新の時代が迫っており、とうとう自動車の普及まで起ころうとしていました。

近い将来、馬が動力である時代は終わる、すなわち馬具では商売にならなくなることを悟り、馬具工房からその皮革加工の豊富な経験を生かして、バッグ、財布などの皮革製品を扱う会社に主軸をずらしていくことにより、激動の時代を乗り切り、時流を読んで、成功し続けています。

言わずと知れたハイブランドで、欲しいけれどもなかなか手が届かない、といったケースが多いのですが、手に入れて後悔することはないでしょう。

そしてもしも気に入らなかった、手放したいと思うことがあったら迷わず、保管しておくよりは、買取店を利用して売却を考えた方が良いでしょう。

かなりの高額で買い取ってもらえる可能性があるからです。

手持ちのブランド品のうち、いくつかはもう不要品になってしまっていませんか。

流行り廃りもありますし、新しい物を買ったらそちらを優先して使いたくなるものです。

そうして不要になったブランド品を買い取ってくれる業者が、最近では人気があります。

ただし業者の利用を考えるなら、ブランド品買取に関する口コミ情報を見て「こういった感じなのかな」といった程度に雰囲気をつかんでおくといいかもしれません。

大手業者の評判の善し悪しといった情報から、買取金額の決定にあたり金額を下げる方向に必死になる業者のことやお店独自の方針として、買取価格が最初からかなり安くしてあるところなど、そういった情報を収集でき、実際の場面で役に立つからです。

売買をスムーズに、しかも可能な限り有利に行ないたい場合には事を始める前に多少の知識を頭に入れておくことが必要となってきますから、手間を惜しまないようにするのが賢明です。

1952年、ギャビー・アギョンが興したクロエはフランスを代表するファッションブランドの一つです。

手の込んだ作りで素材も良く、高級感漂うデザインですが、カジュアルにも合わせることができ、どちらかといえば、若い世代の女性の人気が高いです。

世界的なファッションブランドへとクロエが成長したのは、後々、いくつもの有名ブランドのデザイナーを兼任する名デザイナー、カール・ラガーフェルドが主任デザイナーとしてクロエに迎えられたから、とされています。

クロエで高額査定を出したければ、いくつかの店で査定を受け、クロエの価値を良く知る店を選ぶのが良いでしょう。

中古ブランド品を、買取店で売却してお金に換えようとする時に査定額に期待してはいけないものとしては、洋服が断トツです。

素材や作りがしっかりしていてデザインも良い、といった物だとしても、かなりの人気ブランドでないならとても低めの査定額になることが予想できます。

値札がついたままの未使用品でしたらまだ、満足のいく買取金額になることもあるでしょう。

でも、着たことがある物だったら、それでもう査定額に期待はできなくなります。

着古して、長年の風合いが出てしまっているような服になるともう高額買取などはあり得ませんし、ひょっとすると買取拒否もあり得ます。

多大な期待は禁物です。

知人からの頂き物で、ロレックスを持っています。

でも実は、あまり合わないというか自分には重い気がして、殆ど使うことはなくいつしか完全に、お蔵入りになってしまいました。

ですが良い物だし、このままでは宝の持ち腐れというものです。

そこで、その価値をわかってくれそうな、ブランド品買取店に持ち込み、査定してもらおうと思いました。

店の鑑定士が、傷の有る無しなどといった時計の状態を細かくチェックし、また今はどれくらい人気があるのかといったいくつもの事由を総合して最終的に価格が決定するということです。

元からあった箱と入れっぱなしだった保証書も付けて、そして、希望価格を質問されたので、適当な金額を答えて、鑑定士による査定を頼んでみたのでした。

バーキンは、エルメスのバッグの中でも、知名度は抜群に高く、バーキンが誕生したエピソードは、エルメスファンでなくても知っている程有名で、商品名のバーキンは、女優でありつつ歌手である、ジェーン・バーキンに由来します。

物がどんどん詰め込まれて一杯になった籠を使っているジェーン・バーキンをエルメスの社長が偶然目にして、何でも入れられる、使い勝手の良いバッグをプレゼントすることにしたのが、バーキンという名作が生まれた理由です。

これはもう、大変な人気のある商品ですので、よっぽどのことがない限り高額で買い取ってもらえる可能性は高いです。

世界的に人気のある有名ブランドであったり、人気の高い定番商品を数多く店頭に置くことを目指している買取業者の場合、古くて形の崩れているものや、型落ち製品といった物は買い取り拒否される傾向があるようです。

こうして買い取り拒否された商品はどうすれば良いかと言うと、ギャランティカードや外箱といった付属品を紛失していても買い取りをしてくれる、そういった業者を選ぶのが良いようです。

利用しやすいと言えばそうなのですが、実はこういったお店は大抵の場合、買取価格が低めになっていますので、全部ひっくるめて買取に出さず、高い査定額が出そうな物は分けておき別のお店で売却するようにしましょう。

現在のブランド品買取店では、腕時計は他のブランド品の扱いと少し異なります。

以前はグッチやシャネルの超高級品であっても、ちゃんと作動していないと買い取ってくれるようなお店はない、というのが常識でした。

ですが、今ではこういったことはありません。

針を合わせても時間が狂う、止まってしまっているなど、はっきり故障していたり、擦り傷があったり、ベルトの金具が取れているという、決して良い状態とは言い難いクラスのものでも、人気の高い高級ブランドの腕時計である、というだけで買取サービスの対象となる、そんな買取店も多くなってきています。

ただし、故障の具合によっては取扱不可となる場合もあります。

ブランド品買取サービスに関するお役立ち情報

\おすすめのブランド品買取業者なら/

ブランド品の高価買取なら